下腹のポッコリをくびれにする方法

下腹のポッコリをくびれにする

下腹,ポッコリ,くびれ

 

下腹はお腹の下の部分で主におへそから下の部分を指していて、お腹に脂肪が付いていると胃より下当たりから半円形に丸くなります。下腹に脂肪が付いていると、ウエストにくびれがあってもぽこっと飛び出したように丸くなっているのが特徴です。

 

この下腹の部分を引き締めるのが、下腹ダイエットです。腹筋を鍛えてお腹を凹ませると思っている人がいるが、腹筋では下腹を引き締める事が出来ないです。このため、インナーマッスルを鍛える必要があります。下腹がポッコリなる原因は、食べ過ぎでカロリー過多で脂肪が蓄積している事があるので食べ過ぎに気を付けます。

 

腹筋がないと内臓を支える事が出来なくなり、下がってしまいます。腹筋自体は直接引き締め効果はないが、内臓を支えるために鍛えます。毎日排便がない人は、便が溜まって下腹部がぽっこりとします。便秘を解消するために、運動や食事に気を付けて毎日快便出来るようにします。

 

猫背になっていると、骨盤が歪んで内臓が下がります。普段から姿勢を意識して正して、猫背にならないように気を付けます。胃下垂や腸下垂であると、胃や腸が下がって骨盤の中に入ってしまいます。これは生まれつきなものなので、治す事は難しいです。

体のバランスを整えてくびれをゲット

下腹,ポッコリ,くびれ

 

くびれを作るのに効果が期待出来るのは腰回しです。理由は大きく分けて3つあります。

 

1つ目は、普段使わない筋肉を使うことが出来ることです。お腹にくびれが無い理由として脂肪があることの他に筋肉が休んでいることがあります。日常の生活ではなかなかお腹周りの筋肉は使えません。腰を回すことで横腹や背筋を伸ばしたり縮めたりという動きが出来るので効果的です。

 

2つ目は、内臓の位置を正しい位置に戻すことが出来ることです。内臓の位置が正しい位置に無いと下腹がぽっこりしたり正面から見たお腹周りのシルエットが段々になっていたりします。腰回しを続けると筋肉がつき、筋肉に支えられ内臓が正しい位置に戻すことが出来ます。

 

3つ目は、骨盤が矯正されることです。骨盤がずれているのにはたくさんの理由がありますが、お腹と背中の筋肉のバランスが取れていないと骨盤を正しい位置で保つことが出来ません。腰を回すことによって前後左右の筋肉が動き骨盤周辺の筋肉によって骨盤の緩みを防ぐことが出来ます。骨盤が整えられることによって姿勢も良くなり自然とくびれが見えてきます。

 

腰回しを続けることで便通も良くなりぽっこりお腹ともさよならが出来、くびれを作る上でとても効果があります。

エクスレーヴ骨盤ケアショーツの激安購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーヴ骨盤ショーツについても確認してみてください。