ダイエット中のアルコールの飲み方

ダイエット中のアルコールの飲み方

ダイエット,アルコール,飲み方

 

アルコール類は太りやすいと思われているが、それはカロリーと糖質が高いためです。しかしアルコールに含まれているカロリーはエンプティカロリーと言って、脂肪になりにくいカロリーです。お酒を飲むと顔や体が熱くなるが、お酒が身体に吸収されて熱を発しているためです。

 

熱に変わるので、身体に蓄積されず脂肪になりにくいのです。しかし飲む量が多いと、太る原因を作ってしまいます。アルコールを摂取すると先に分解しようとするが、一緒に食べた物は消化吸収が後回しになります。

 

お酒が分解されるまでは、消化されないので脂肪を蓄積させてしまいます。お酒は種類によっては糖質を沢山含んでいるものもあり、このようなお酒を飲むと糖質の摂り過ぎになります。お酒を飲む時にはおつまみも食べるが、カロリーの高い揚げ物等を沢山食べてしまうとこれによっても脂肪を増やしてしまいます。

 

しかもお酒が先に分解されるので、お酒を飲んでいない時に比べて脂肪を蓄えやすいです。お酒を飲むといつもより食べ過ぎるのは、肝臓がアルコールを分解するに働き血糖値のコントロール機能が低下してしまいます。

 

血糖値が上がらないので、満腹感が得られにくいです。沢山食べても物足りないと感じて、締めに炭水化物を食べたくなるので気を付けます。

うどんダイエットのやり方

ダイエット,アルコール,飲み方

 

うどんダイエットは、主食を低カロリーのうどんにして摂取カロリーを少しずつ減らしていくダイエット方法です。100グラム当たり白米は160キロカロリーであるが、うどんは105キロカロリーです。炭水化物は、体内の消化酵素で分解出来る糖質と分解出来ない食物繊維の総称です。

 

炭水化物は生きるのに欠かせない栄養素で、エネルギー源になります。炭水化物の量は白米は37.1グラムで、うどんは21.6グラムです。体重は緩やかに減っていくので、リバウンドの心配がいらないです。コシのあるうどんは消化のスピードが遅いので、炭水化物の分解吸収も遅いです。

 

うどんのカロリーを抑える事は出来るが、消費されてしまいます。コシのあるうどんは良く噛むので、少量でも満腹中枢を刺激出来ます。やり方は食事のメニューをうどんにするだけで、健康的に痩せるためには1日1.2食までにします。

 

お勧めのうどんは讃岐うどんで、コシがあるので沢山噛んでドカ食いを防げます。冷凍うどんと生うどんがあるが、冷凍うどんにはデンプンが添加されているので生のうどんを少し固めに茹でて食べるのが良いです。食べごたえや満足感を出すためにトッピングを載せるが、ネギにはアリシンが含まれていてアドレナリンの分泌を促して脂肪の分解酵素のリパーゼの分泌を促します。

 

リパーゼは、脂肪の燃焼を促進してくれます。

エクスレーヴ骨盤ケアショーツの激安購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーヴ骨盤ショーツについても確認してみてください。