ウエストのくびれの遺伝について

ウエストのくびれは遺伝する

ウエスト,くびれ,遺伝

 

ウエストのくびれには遺伝が関係しており、人によっては内臓脂肪が溜まりやすい遺伝子もあるので脂肪が付きやすい人もいます。どの程度遺伝するのかは数値で計る事は出来ないが、遺伝の影響は大きいです。

 

1番くびれがはっきりとしているのは黒人で、次に白人で最後が黄色人種です。

 

人種の違いは育った環境や生活習慣とかは関係なく、遺伝子によって決まっています。くびれが遺伝性が強いが、骨格と筋肉の付き方によっても決まります。骨格は生まれ持った遺伝の問題で、変える事が出来るのは筋肉だけです。

 

筋肉の付き方や形を変える事で、くびれを作る事が出来ます。お腹周りの筋肉でつまり腰骨と肋骨の間の部分の内側の筋肉を柔らかくしていく必要があり、努力をする事でくびれを手に入れる事は誰でも出来ます。しかし限界があり、努力をするかしないかで形は随分変わっていきます。

 

生まれつきくびれが細い人と同じようになるには、現実的には難しいです。努力をする事で少しはくびれを作る事が出来るので、運動等を行って元々細い人に近付ける事は可能です。そのために、毎日続ける事が大切になります。

 

くびれを作る事は美しくなるための手段の一つに過ぎないので、くびれだけに囚われなくても大丈夫です。

ウエストのくびれを作る方法

ウエスト,くびれ,遺伝

 

くびれを作るには、お腹周りにある脂肪を取り除く事が大切です。お腹周りには臓器が集まっていて、この部分には筋肉が守っているが守れないと脂肪が集まってしまいます。筋肉を刺激すると、脂肪が付きにくくなりくびれが出来るようになります。

 

しかしハードな腹筋等を行ってもくびれは出来ないので、くびれを作るには360度全ての角度から肋骨の下から腰にかけてカーブを描いているのが理想です。座っている時に姿勢が悪いとお腹の周りに筋肉が集まりやすくなるので、くびれを作る時に邪魔になります。

 

座っている時に姿勢が悪い人は、立っている時も悪いです。日頃から姿勢を正してくびれの邪魔になる筋肉が付かないように意識して、注意をします。ただし背中を伸ばして胸を張るだけだと、背中に負担がかかってしまいます。

 

正しい姿勢は肩を開く事で、この姿勢がきついと感じる人は姿勢が悪い証拠です。運動でもくびれを作る事は出来て、腹斜筋を刺激する事です。普段の生活では腹斜筋は使う事は少ないので、刺激する事で脇からお腹にかけてある筋肉なのでくびれが出来やすくなります。

 

日頃刺激を与えていない部位になるので、少しのエクササイズでも効いている事が実感出来ます。

エクスレーヴ骨盤ケアショーツの激安購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーヴ骨盤ショーツについても確認してみてください。