下っ腹を凹ませてくびれを作る方法

下っ腹を凹ませてくびれを作る

下っ腹,くびれ,方法

 

自宅で無理なくくびれを作る方法には、壁タッチ筋トレがあります。壁を背中に向けて足の間隔を肩幅に開いて立って、両足は壁から1歩半前の位置に立ちます。手のひらをパーにして両肩より少し広げて、手のひらは前に向けて腕は出来るだけ自分の方に近付けていきます。

 

身体を捻り壁をタッチして、タッチをする位置は自分の真後ろで出来るだけ身体が前から見て斜めにならないのを意識をして行います。上手く手の位置を決める事が出来たらその状態をキープして、自分が気持ちの良い所まで壁に身体を近づけて行うと使われている部位が意識出来ます。

 

身体に負担をかける事なく行えて、運動を最近行っていない人でも最初はストレッチから行うのには適しています。通勤の電車の中やデスクで座っている時に出来る方法に、お腹を凹ませる筋トレがあります。とにかくお腹を凹ませるだけで、座っても出来るが立って行うと自分でどのくらい凹んでいるのかが分かりやすいです。

 

このため、初めは立って行うようにします。息を吐き切り、数秒間キープをします。息を吸って元に戻してを、数回繰り返します。凹ましている時は、下っ腹を意識をして行います。気が付いた時には、いつでも行うようにすると良いです。

佐野ひなこのくびれが凄い


 

タレントの佐野ひなこのウエストは51センチと、驚異の細さになっています。所属しているホリプロの公式ページでは、バストが85でウエストが51でヒップが83センチになっています。好きな物は好きなだけ食べるが、こまめに骨盤矯正に通ったりリンパマッサージを行う等日頃から美容への関心が高いです。

 

胃下垂であるので、食べたら下っ腹がぽっこりと出やすいがウエストのサイズは変わらないと言っています。バラエティー番組に出演した時に、水着のキャンペーンモデルに抜擢され目標を掲げて今年は49センチになりたいと宣言しています。

 

エステサロンに3ヶ月通い続けて、49センチになったウエストをVTRで披露しています。最新のエステマシンを利用している姿を公開していて、最後にメジャーでウエストを測るとぴったり49センチです。40センチ台についに突入して、ウエストをキープするために日々のトレーニングや体調管理を徹底しています。

 

ブログでもかき氷は身体を冷やさないために、温かいお茶と一緒に食べる等太らない体型を作るために小さいケアにも余念がないです。女性からは憧れる細さではありますが、男性からは細すぎると冷ややかな意見もあり反応は様々です。

エクスレーヴ骨盤ケアショーツの激安購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーヴ骨盤ショーツについても確認してみてください。